2016.2.21 美瑛宮様スキーマラソン

札幌国際の2週間後は美瑛宮様スキーマラソンです。
クロカンはシーズンが短いのでレースは立て続け。
我がレーシングチームからは38kmが5人、10kmが3人の計8人が参加する遊岳荘のメインレースです。

前日は晴れていて早めに来たメンバーと気持ちよく試走した後恒例の国旗掲揚。



ここまではよかったんだけどこのあと夜からまとまった雪になって朝には除雪しないと車を動かせないほどの降雪になりました。
そのくせ気温は高く、スタート時で-2℃。
大丈夫か、このコンディション…


スタートして約10kmは美瑛川の河川敷を 下るスプリントコース。
板がよく滑って30分で通過。
よかったのはここまでで丘に入ってからは吹きだまった雪にスキーが潜って実に走りづらい。
しかも向かい風で気持ちが折れそう。
でも後先考えずに全力で走る。
30kmを過ぎた辺りからは向かい風がますます強くなり止まらないで進むのがやっとの有り様。
それでも出がけにうちの奥様からがんばってね~、って言われたのを思いだし(普段は頑張らなくていいからね、って言われる)必死に頑張って倒れこむようにフィニッシュ。

しばらく動けない。
記録は2:57:29で2km短縮された去年のタイムより30分も遅く、おまけに後からゴールしてきた会長さんにもちょっとは考えて走れ、お前はアストロ球団かって怒られてしまいました。



うちの奥様からはバカじゃないの?の一言。
ふん、馬鹿で結構。
今回10kmを走って我がチーム内で女性のトップのUさん、前回10km最下位から今回浮上したO君、前回は20kmコースでお茶を濁しながら今回38kmに復活したKさんの3人に1億円づつ進呈しました。
なんて太っ腹なんでしょう♪



1億円欲しい方、来年の宮様スキーマラソンでお待ちしてます。

2016.2.7 札幌国際スキーマラソン

事務局長です。
待ちに待ったクロスカントリースキーシーズンの幕開けは札幌国際スキーマラソンです。
遊岳荘レーシングチームからは4人が50kmに出場しました。
当日は札幌在住の会長の車で会場へ。
さあ車から降りようとしたら今まであったスマホがない。
すでに会場は支度を終わって外に出てる。
実はワタクシ慎重な性格なのでいつも支度が遅くなり会長から怒られること数知れず…
今もあちこち捜していると早くしろよコノヤロ光線が痛いほど背中に突き刺さる。
というわけでスマホは諦めてスタート地点へ。
というわけで今回は写真がほとんどありません。

今日のトップワックスはガリウムのローフッ素タイプのAX20。
スタートしてすぐの上り坂は板が滑らなかったけどその後はよく滑るようになった。
快晴です。
中間点の25kmを2時間01分で通過。
調子が良いのか白旗山を過ぎてからの上り坂もあまり気にならない。
最後の難所の焼山も途中一度も休まず上りきって残り5km地点で3時間45分。
ここからの下りを必死に飛ばして3:58:48でフィニッシュ、ギリギリ4時間を切ることができました。
会心の出来映えです。
先にゴールしていたチームメイトのK君とブラブラしていたら会長が40分遅れてフィニッシュ、この頃から急に吹雪模様に…
その吹雪の中をタッチーが5:57でヘロヘロになってゴール。
昨夜すすきので遊びすぎたのが祟ったみたい。
もう来年は25kmでいいなんて言ってたけどそんなことが許されるはずはありません。
結局スマホは会長の車の助手席の下から見つかりました。

2015.11.8 坂東いわい将門ハーフマラソン

遊岳荘レーシングチーム秋の恒例の坂東に来ました。
今回のメンバーでは水戸のS子がハーフデビュー戦です。

会場に着いた頃からあいにくの雨。
この大会は雨が多い。
自分はなまはげの仮装で走るので邪魔にならないように後ろの方からスタートすることにしました。

雨が降っているのにけっこう大勢の人が応援してくれています。
なまはげとしては気合いが入る。
13km付近で巨大案山子の群れが迎えてくれます。
このうちの一人は坂東市の市長らしい。




残り8kmで雨が強くなってきた。
なまはげのコスチュームが雨を吸って重たいです。
ゴール手前のグラウンドは田植え時の田んぼ状態でぐちゃぐちゃつるつる。
シューズが泥だらけになってしまった。

結果は1:46:53、50歳以上252位/766人でした。

ところで着替えていたら呼び出しがあってコスプレ大賞に選ばれたとのこと。
表彰台に上がってなんと米1俵をいただきました。




苦労した甲斐がありましたぜ♪

2015.10.18 甲州フルーツマラソン

山梨県の勝沼市街から大菩薩峠入口の上日川山荘までの標高差1200mを約22kmで走るというドMの大会に行ってきました。

箱根駅伝の5区でさえ標高差は860mなのに…
実は2年前にもこの大会を走っていて今回は2回目です。
前回は2:27:32で40位/105人。
その時はどしゃ降りの雨だったけど今年は快晴。
今回はうちの娘の旦那のお姉さんの旦那さんのイッペイさんと一緒です。

簡単にいうと義理の息子の義理のお兄さん。
娘の結婚式で初めてお会いして一度一緒に走りましょうと話していたんだけどワタクシが股関節を傷めてしまったためずっと流れていてやっと今回実現したわけです。

レースは9:30スタート。

いきなりイッペイさんは先頭集団、自分は後方集団。

それでも最初のフルーツラインを走っているときはまだよかったんだけどきつい登りにかかってからは全然ダメ。
体が重くて途中からウォーキング。
前回はもう少しちゃんと走ったように思うんだけど…


でもこの辺りではけっこう歩いている人が多いのであまり罪悪感を感じません。
紅葉も綺麗だし。

最後はちょっとだけ頑張って走って2:51:12でヘロヘロのゴール。
前回より20分以上遅い。
50歳以上の部72位/146人でした。

イッペイさんはなんと1:56:34で一般の部7位入賞。
ゴールからはバスでスタート会場に戻るんですが会場に着いたとき丁度イッペイさんが表彰されているところでした。

このコースを2時間以内で走るなんて…
今度から師匠と呼ばせてもらいます。

なんとワタクシも北海道からの参加ということで遠来賞で表彰されてしまいました。

あぁ恥ずかしい(^_^;)


ともあれすごく楽しい一日でした。
師匠、またよろしくお願いします。








2015.10.4 グランフォンド八ヶ岳

ひさしぶりに自転車のイベントです。
前日の3日に受付をするため清里の清泉寮へ。

ついでにソフトクリームなんか食べてこの日は野辺山のとほ宿のこっつあんちに
宿泊。

ここの宿主の古藤さんと会うのは40年ぶりなんですがまあその辺のところは長くなるのでやめておきます。

グランフォンド当日。
快晴。
指定された駐車場はスタート地点のはるか下。
自転車で4kmの登り坂を30分近くかけてやっとたどり着きました。

スタートは7:00なんだけど20台くらいづつ1分間隔で出ていくのでなかなか順番がこない。
7:25にやっと出発。

少し登っていきなり16km下る。
かなりきつい下り坂でカーブも多く気持ちがいいというより怖い。
50km/h以上でてるのにどんどん抜かれるなんて…
何せこっちは素人なので無理はしない。
下りきって最初のエイドで休憩。

グランフォンドでは売り切れがないようにエイドは食券方式なんだけどここですでにカントリーマアムが売り切れ。
不思議です。

ここから第2エイドを越えて第3エイドまでは42km。
アップダウンの穏やかな景色のいい区間です。

さて第3エイド。
ここでは63kmコースのメディオフォンド
と一緒になるため長蛇の列。
このエイドでもやっぱりカントリーマアムは売り切れ。
でもそばはうまかったです。



このエイドを出るとしばらく下り坂。
こんなに下って帰りはどうなるんだろうと不安に思っていたらいきなりきました。
70km地点から激登り。
ここがコースの最低点で標高460m。
ゴール手前の最高点が1470mなのであと1010m登らないといけない。
やっとの思いで6km程登った頂上が第4エイド。
さすがにいい景色です。

スタッフの人に聞くとまだまだずーっと登りだよって言われてしまいました。
下りは全然無いらしい。
嘘でもいいからこのあとは楽だよって言って欲しかったのに…
ところが。
少し行くと長い下り坂。
なんだ、下り坂あるじゃんと思ったら
又々長い登り返し。
第5エイドを過ぎてもひたすら登ります。
もう真っ直ぐには登れない。
蛇行しながら行くと係の人に蛇行しないでくださーいって怒られた。
けっこう歩いている人もいたけど意地でこぎ続けました。


第7エイドはなんと朝車を止めた駐車場のところ。
知ってるところまで来たのが嬉しい。
あと200mの標高差を登って最後は下り坂でゴール。


15:30、8時間半かかりました。
ゴールしたらおにぎりと豚汁を食べて帰るだけ。
コース108kmと駐車場の行き帰り8km、あわせて116km走りました。
完走証くらい欲しかったです。


プロフィール

マラソンどうでしょう

Author:マラソンどうでしょう
北海道美瑛町のロッヂ・遊岳荘のレーシングチームのブログです。
あちこちの大会でうろうろしていますので、見かけたら声をかけてください。
2008年12月以前の記録は遊岳荘のホームページからどうぞ。

yugakuso_logo

ロゴをクリックすると、遊岳荘のホームページにジャンプします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR