スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.8 いびがわマラソン

                 左は高石ともや氏 中央は山田敬蔵氏 

                   このコースはホントにキツイっす

                     ホントよく頑張りました



                   もらっておいてなんだけど扱いに困ってます


おまっとさんでした。
事務局長です。
秋はマラソンシーズンで大忙しです。
今週は岐阜のいびがわマラソン出没してきました。
土曜日17時まで横浜で仕事をして新横浜から新幹線で名古屋へ。
東海道線に乗り換えて尾張一宮のホテルで一泊。
日曜日朝電車と送迎バスで会場入りしました。
今週は法事だなんだで忙しくてあまり走り込んでなかったので少々不安を抱えてのスタート。
案の定体が重く感じる。
この時期にしては気温が高く、厚手のウエアを選んだのは失敗だったか?
コースは揖斐川の左岸に沿って上っていき、折り返してからは右岸側を下ってくる、アップダウンのきついハードコースです。
標高差は120メートルほどだけど細かい上り下りが続いて平地はスタート後の5キロとゴール前の5キロ位。
揖斐峡にはいると10キロ、12キロ、14キロとだいたい2キロおきにきつい坂になります。
折り返し前後4キロは対面走行区間なんだけど道端が狭く、ボリュームゾーンのランナーは走りにくいだろうな。
坂を下っていくと対岸に折り返し点に向かって上っていくランナーの長い列が見えました。
30キロから33キロにかけてダラダラした登り坂がつづき、このあと堤防道路にでます。
このあたりでフルの30分後にスタートしたハーフのランナーに追いついてコースが一気ににぎやかになりました。
応援も多い。
40キロまでくると左手にゴール会場が見えてきます。
ラスト200メートルでスパートするとすぐ横のランナーもスパート。
思わぬスパート勝負になってしまい、悔しいことにこの勝負は負けました。
結果は3時間16分00秒で完走者4323人中218位。
暑さとハードなコースでもうヘロヘロっす。
荷物を受け取って生ビールを一気飲み。
このあと名古屋の友達の家に押しかけ、散々飲み食いして夜行バスで東京に出ました。
ところで今回遠来賞があたったんだけどなんと楯(写真参照)。
一気に腰がくだけた。
こんなのいったいどうしたらいいんだ。
来週は千葉県四街道に出没します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マラソンどうでしょう

Author:マラソンどうでしょう
北海道美瑛町のロッヂ・遊岳荘のレーシングチームのブログです。
あちこちの大会でうろうろしていますので、見かけたら声をかけてください。
2008年12月以前の記録は遊岳荘のホームページからどうぞ。

yugakuso_logo

ロゴをクリックすると、遊岳荘のホームページにジャンプします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。