スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

# 2011.6.26 サロマ湖100kmウルトラマラソン

事務局長です。

上半期のメインレースのサロマ湖100kmウルトラマラソンに行ってきました。
今年もコマゴンがサポートしてくれました。

いつもいつもありがとう。

DSCF1636.jpg


旭川からバスで遠軽に出てコマゴンに拾ってもらい受付を済ませて北見のコマゴンの家で一泊、
翌朝3時40分に出てスタート地点へという去年と同じスケジュール。

DSCF1639.jpg

このところ長い距離を走ると胃が気持ち悪くなるので
北見でガスター10を買っておこうと薬局に行くと売っていない。

仕方なく店の人がオススメの聞いたことのない胃薬を買ったんだけどこれはちょっと不安材料です。


さて当日。


相変わらずバタバタとスタート地点へ。

荷物を預けてスタートラインに着いたのは4時50分。

5時スタート。

今年からコースが変更になっていて去年までとは逆方向に走りはじめます。
去年までよりだいぶ町中が長い。

DSCF1645.jpg

DSCF1644.jpg


町を出て竜宮台へ向かう途中でお腹が痛くなってきた。

これはつらいっす。

このあたりは行けども行けども両側牧草地の一本道。

ようやく左手に仮設トイレを見つけて全力疾走で駆け込みました。

再び走り始めたけどまだ腹具合がよろしくない。

3kmほど走って再び仮設トイレへ。
まだ15kmくらいしか走ってないのにこの有り様。

先が思いやられるなあ。


竜宮台で折り返したあたりから今度はガーミンが動かなくなった。
画面を見るとなになに、

データがいっぱいです、古いデータを消去してくださいだとぉ~。

そういえばもうすぐデータがいっぱいです、って出てたのをすっかり忘れてた。

ガ~ン☆。

しかも消去の仕方がよくわからん。

走りながらでは全然無理。

DSCF1650.jpg


エイドで休憩がてら色々いじってみたら
やっといくつか消去できたのでもうこれでいいことにして
また走り始めました。

一昨年は持ってくるのを忘れるし、
去年は途中で壊れちゃうし、
どうもガーミンとサロマ湖は相性が悪い。

DSCF1659.jpg



40kmあたりで胃の具合が悪くなってきた。

予報では今日は曇り一時雨だったのに持ち前のパワーで恨めしいほどの好天。

DSCF1657.jpg


このところ暑いなか、長距離を走ると
必ず胃がムカムカして吐き気との闘いになってしまう。

こういう時は炭酸飲料を飲むと案外落ち着くもので
今日も計呂地(40km地点)の町の自販機でコーラを買ってひと息つきました。

ついでに昨日買った胃薬を飲む。

ぜんぜん効かない。

42、195kmを3時間50分で通過。

この辺までは予定通り。

DSCF1656.jpg


ところが45kmを過ぎたあたりからまた吐き気がしてきた。

水を飲むと吐きそう。

あの胃薬効かねー。

気温はそう高くないんだけど日差しがキツい。

DSCF1652.jpg

DSCF1660.jpg


かぶり水で体を冷やしながら54kmのレストステーションに入りました。

DSCF1661.jpg


色々食べ物もあるけど体が全く受け付けない。

DSCF1665.jpg

DSCF1662.jpg


吐き気をこらえて胃薬を水で流し込んで頭から水をかぶって後半のスタート。

DSCF1664.jpg

DSCF1666.jpg


65km付近で差し入れてもらったコーラを飲み浜佐呂間の町へ。

DSCF1668.jpg

DSCF1667.jpg


ここでとうとうこらえきれずに胃の中の物を全部吐いてしまいました。

斉藤商店の私設エイドで凍ったブルーベリーを3粒だけ食べ少しずつ前進。

DSCF1671.jpg

DSCF1670.jpg

DSCF1669.jpg


とほ宿さろまにあんで宿主さんと少々立ち話、お会いできてよかったです。

70km関門を通過。
歩いたり走ったりしながらやっと74kmの鶴賀リゾートに着きました。

ここでも何も口に入れられない。
胃の中は空っぽなんたけど空腹感もない。
かろうじて素麺を7~8本だけすすって出発しようとして救護室を発見、
効く胃薬でももらえないかと立ち寄ると
とにかくここに寝なさいと言われベッドにねかされちゃいました。

絵に描いたような脱水症状で
水分補給ができないようならこの先は無理とのこと。

血液中の酸素濃度もかなり下がっているといわれ、
1時間ほどここで寝てました。

この救護室にはドクター、看護師、研修医が待機してくれています。

みんなすごく親切で霧吹きで体に水をかけてくれたり、
水が飲めないなら氷はどうだっていうので
氷や梅干しを持ってきてくれたりで涙が出そう。

ところでドクターが体に触ると
レース中に医療行為を受けたとみなされ失格になるそうで
ちょっと点滴でもうってもらったら
また走れるんじゃないかと思ってやたんだけどこれもダメ。


そうこうしているうちに少し血中酸素濃度も上がってきて
行ってもいいでしょうかと恐る恐るお伺いをたてると
行きたいなら仕方がないけど水分補給ができないようなら
すぐリタイアしなさいとのことでお許しがでました。

制限時間が迫っているしドクターの気が変わらないうちにと
ようやく鶴賀リゾートをスタート。
なんと救護室の皆さんが見送ってくれました。

走り始めたのはいいけど体に力が入らない。

DSCF1667.jpg


吐き気はぶり返すし当然水分もとれない。
途中コマゴンが常呂の町で買ってきてくれたガスター10を飲んだんだけど時すでに遅し。
77kmからは全く走れなくなってボクの今年のサロマが終わったことを了解しました。

DSCF1672.jpg


79、4kmエイドまでトボトボ歩いて待機していた収容バスに乗りゴール会場へ。

次々にゴールしてくるランナーを見ると悔しくて仕方がない。

でも74kmでやめなくてよかった。


あそこでやめていたら今頃ひどく後悔していたと思います。


次は絶対走りきります。


ところで去年も見かけた走るサラリーマン氏に今年も会いました。

DSCF1654.jpg

DSCF1651.jpg

一昨年那覇マラソンにいたよねって声をかけると確かに行ってたとのことで
今年も那覇マラソンには行くつもりだそうです。
また会えるかな。


今回もいろんな皆さんのお世話になりました。


コマゴン夫妻。

救護室のスタッフの皆さん。

エイドの高校生や沿道で応援してくれた方々。

さろまにあんの宿主さん

ありがとうございました。

練習を重ねて帰ってきます。

またお会いしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

サロマ湖パトロール

お疲れ様でした。
ワタクシなど、フルマラソンもやったことないので、
100キロ走るなんて、どんなことだかとても想像できません。
42キロを4時間切るスピードを維持できるのも、脱帽です。

Re: サロマ湖パトロール

> お疲れ様でした。
> ワタクシなど、フルマラソンもやったことないので、
> 100キロ走るなんて、どんなことだかとても想像できません。
> 42キロを4時間切るスピードを維持できるのも、脱帽です。

いやあ、今回は残念でした。
リベンジするつもりだった四万十川100kmは抽選で落選。
とほほ。
プロフィール

マラソンどうでしょう

Author:マラソンどうでしょう
北海道美瑛町のロッヂ・遊岳荘のレーシングチームのブログです。
あちこちの大会でうろうろしていますので、見かけたら声をかけてください。
2008年12月以前の記録は遊岳荘のホームページからどうぞ。

yugakuso_logo

ロゴをクリックすると、遊岳荘のホームページにジャンプします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。